撮影機材

SONY VLOGCAM ZV-1のハメ撮りカメラとしての実力は?プロのビデオグラファーも絶賛の動画に特化した性能を解説

ハメ撮りコンテンツは日々増えていますが、良いコンテンツには綺麗な映像とクリアな音声が欠かせません。
他と差をつけるために高級機材を導入するのも1つの手段ですが、高度な知識も必要ですし手軽さを損なってしまう可能性もあります。
そこで注目したいのがSONYから発売されているVLOGCAM ZV-1です。
VLOGCAM ZV-1はウェアラブルカメラのような手軽さで扱えますが、コンパクトデジカメとは思えない表現力があり、動画作成のプロからも支持されています。
今回はユーチューバーやブイロガーにも人気のVLOGCAM ZV-1がハメ撮り機として有力なのかどうか、そして他のカメラとどこが違うのかわかりやすく解説します。

 

SONY VLOGCAM ZV-1は動画特化型のデジタルカメラ

一般的なコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)は写真撮影がメインであり、動画撮影はサブ機能的な扱いになっています。
ところがVLOGCAM ZV-1は動画に特化したコンデジであり、同じソニーの高級コンデジになるRXシリーズと同等、またはそれ以上の動画性能を誇っています。
もちろん写真撮影もできますが、手の平サイズでありながらシネマチックな動画も撮影できるため、手軽さと映像美にこだわるユーチューバーには絶大な支持を得ています。

では一般的なコンデジとVLOGCAM ZV-1を比較した場合、機能や動画性能にはどのような違いがあるのでしょうか?

 

LOG撮影とはどんな仕組み?

映像で配信するブログをVlog(ブイログ)といいますが、ログ(log)の部分には別の意味もあり、LOG撮影という技術もあります。
映画のような質感や色合いの動画をYoutubeなどで見かけますが、実はLOG撮影された動画である可能性が高いのです。

LOG撮影では明るい場所での白飛びや暗い場所の黒つぶれが起きにくく、撮影後の編集でも自分好みの色みに変えやすくなっています。
たとえば同じ黒でも濃いグレーといえる黒や、少し緑色が入っている黒などさまざまですが、安価なカメラではすべて一色で塗りつぶしたような映像になってしまいます。
色を表現する幅をダイナミックレンジといいますが、LOG撮影ではダイナミックレンジの幅も広いため、より繊細な表現が可能となっています。

ソニーのVLOGCAM ZV-1はLOG撮影できるため、映像表現の幅広さでは他のVlogと差のつくカメラといえるでしょう。

 

SONY VLOGCAM ZV-1はワンクラス上の機種に迫る動画性能

LOG撮影にはメーカーごとの違いがあり、ソニーの場合はS-Logという規格になっています。
S-Logはメニューのピクチャープロファイル(PP)から呼び出して使いますが、VLOGCAM ZV-1のピクチャープロファイルは6万円程度の価格差がある上位機種並みの設定です。

イメージセンサーも1インチと十分なサイズであり、レンズもF1.8(ワイド端)と明るいため、一般的なコンデジが苦手とする暗所撮影にも威力を発揮します。
VLOGCAM ZV-1ではPPオフからPP1~PP10までの設定があり、S-Log撮影となるPP7~PP9では白飛びや黒つぶれが起きにくくなります。

初めてのLog撮影では「モヤっとした映像だな」と思うかもしれませんが、S-Logオフの映像と比較すると細かなディテールの再現がはっきりとわかるでしょう。
後は編集(カラーグレーディング)によって好みの色合いにすれば、シネマチックな映像に仕上がります。

VLOGCAM ZV-1は単なる記録映像用にも使えますが、今までハイエンド機にしかできなかったアーティスティックな表現も可能となっています。

ハメ撮りの際は、光量の調節まで気を配っていることができなかったり、色温度が上手くいかなかったりすることがあります。
そんな時には、ダイナミックレンジが広い映像として撮影しておくと、後からカラー調整した時にも上手く表現できる場合が多いです。

しかし、LOG撮影の場合は、何も編集しない状態の映像はのっぺりとした映像となったしまいます。
後からカラー調整をすることが前提の録画形式であることは注意しておいた方がよいでしょう。

 

SONY VLOGCAM ZV-1は初心者でもプロ並みの表現が可能

一般的なコンデジやスマホカメラでは、おしゃれな映像に欠かせないボケ感がほとんど出せません。
機材にお金をかければボケ感は簡単に出せますが、装備が大きくなり重量も出るため、手軽な撮影には不向きといえるでしょう。

しかしソニーのVLOGCAM ZV-1であれば、手の平サイズのボディでボケ感を演出できます。
手軽なVlog撮影に特化しているため操作系もシンプルであり、初期設定だけしておけば後は録画ボタンのオン・オフやズームの切り替え程度で済んでしまいます。

「プロ並みの映像を撮りたいけど複雑な操作は苦手」という方であれば、VLOGCAM ZV-1はぜひおすすめしたいカメラです。

 

ハメ撮りで使えるSONY VLOGCAM ZV-1の機能と操作性

それでは、ZV-1がハメ撮りで有利に使える機能はあるのでしょうか。

例えば、人気のユーチューバーには撮影機材に拘っている方も多く、室内からのVlog配信でさえ数十万円のカメラを使っているケースも珍しくありません。
最近は35mmフルサイズやAPS-Cなど、大型センサー搭載のカメラを使う例も増えていますが、高級機材に慣れているユーチューバーでさえVLOGCAM ZV-1を絶賛しています。

扱いやすさと映像美だけであればほかにも適したカメラはありますが、VLOGCAM ZV-1はビデオ配信に特化させた機能と操作性が得に評価されているようです。
この動画特化な機能がユーチューバーだけでなくハメ撮りにも適しているのか、詳しくみていきましょう。

 

Vlog(ブイログ)で使えるフォーカス機能

カメラ性能を語る上でオートフォーカス(AF)機能は欠かせません。
最近のカメラは瞳AFも当たり前のように搭載されており、被写体の人物に激しい動きがあってもカメラのピントがブレないようになっています。

ところが便利グッズなどの商品紹介ではそれまで写していた人物の前に商品が置かれるため、オートフォーカスが追い付かず、手前の商品映像がにじんでしまう場合があります。
動画によっては「これがおすすめ!」と商品をカメラの前に持ってきたものの、ピントが合う前に引っ込めてしまうケースもありますね。

VLOGCAM ZV-1はこのようなシーンも想定されているため、人物とカメラの間に商品が入っても一瞬でピントを合わせる商品レビューモードが装備されています。
商品を引っ込めた後も素早く人物へピントを合わせるため、視聴する側にとってもストレスのない映像になるでしょう。

この点はハメ撮りにおいても同じです。
ハメ撮りはいわゆる人物撮影にあたりますが、良い機材を使っていたとしても、途中でフォーカスが合わなくなってしまってイライラしてしまうということもあり得ます。
その点、ZV-1では人物へのオートフォーカスが非常に良く効くため、ハメ撮りの際にもフォーカスで悩むことが少なくなります

撮影や編集に時間をかけられない人にもVLOGCAM ZV-1はおすすめであり、Vlogに特化したオートフォーカス性能は撮り直しの回数も激減します。

 

動画に特化したボタン配置

VLOGCAM ZV-1のベースモデルは同じソニー製のRXシリーズであり、ぱっと見た印象はよく似ています。
しかしボタンやダイヤルなどの操作系は静止画メインのコンデジとは別物であり、撮影に特化した構成と配置になっています。

静止画メインのカメラでは小さな録画ボタンの配置が一般的ですが、VLOGCAM ZV-1はシャッターボタンの位置に大きな録画ボタンが配置されています
小さな録画ボタンが苦手という方は意外に多く、指が太くて押しづらい、しっかり押せたかどうかモニターを見ないと分からないという方の悩みも解決されているようです。

カメラ上部(軍艦部)や背面のボタン・ダイヤル構成もシンプルであり、被写体に集中できるよう細かな設定はカメラに任せられるつくりになっています。

録画中を知らせるRECランプがカメラ正面にあることもポイントです。
バリアングルモニターで画角を細かく調整したのに、実は録画ボタンが押されていなかった…といったようなミスを防ぐことが可能になります。
せっかくのハメ撮りで、録画されていなかったという事象はできるだけ避けたいものです。
ZV-1であれば、カメラ正面のRECランプで録画状況がわかりやすくなっています。

 

ハメ撮りに便利なバリアングルモニター搭載

VLOGCAM ZV-1ではレンズと同じ方向にモニターを向けられるバリアングルを採用しています。
自撮りに最適化されたカメラともいえますが、ハメ撮りの場合にモデルを撮影する場合も相手に録画中の動画を見てもらえるので、ポーズを決めやすいなど被写体側にもメリットがあります。

動画・静止画ともに共通しますが、後でよくみると不要なものが写り込んでいたという失敗例はよくあります。
写真であればわずかな時間のロスで済みますが、動画の場合は数分~数十分かけて撮り直しするため、撮影範囲の確認は特に重要です。
縦方向にモニターを動かせるチルト機構も便利ですが、ハメ撮りの場合はバリアングルモニターが最適といってよいでしょう。

VLOGCAM ZV-1は本体設計にもひと工夫あり、バリアングルモニターを被写体側に向けたとき、モニターと本体に干渉する部分がありません。
つまりモニターの付け根部分には何のインターフェースもないため、外部マイクの差込口に干渉したり、給電中のUSBケーブルがモニターを遮るなどのわずらわしさがありません。

 

見落としがちなマイク性能も高品質

マイク性能の充実もVLOGCAM ZV-1の大きな特徴です。
VLOGCAM ZV-1の商品画像をみるとよくわかりますが、コンデジとしてはかなり大きなマイクがレンズの真上に標準装備されています。

ハメ撮りの撮影では音声も重要であり、映像は綺麗なのに音声が小さいため、ボリュームをかなり上げないと聴き取れないケースもあります。
また屋外の撮影をする場合はさまざまなノイズを拾いやすく、風の強い日はゴーゴーという風切り音が音声と被ってしまうため、視聴する際には大きなストレスになるでしょう。

しかしVLOGCAM ZV-1のマイクには指向性もあるため被写体の音声をしっかりと拾い、さらにウインドスクリーンも付属しているので風切り音対策も万全です。
通常は外部マイクとともに別売りとなっているウインドスクリーンですが、コンデジサイズのカメラに標準装備されているのはVLOGCAM ZV-1だけでしょう。

標準装備のマイクだけでも十分な性能ですが、外部マイクのインターフェースもあるため、より高いクオリティを目指す方にも対応したカメラです。
ハメ撮りでは映像だけでなく、会話も重要な要素となります。
ZV-1はそんなハメ撮りニーズを満たすカメラといえるでしょう。

 

SONY VLOGCAM ZV-1はカスタマイズ性やアクセサリも充実

カメラを選ぶ基準は人それぞれですが、ヘビーユーザーになるほど操作性へのこだわりも強くなります。
快適な操作にはカスタマイズ性や周辺アクセサリも重要となりますが、VLOGCAM ZV-1にはボタンやメニューのカスタマイズ機能があり、ソニー純正のアクセサリも充実しています。

ではVLOGCAM ZV-1のカスタマイズ性や周辺アクセサリについて、よく使いそうなものを例に解説します。

 

自分好みの機能をメニューやボタンへ割り当てて便利に使う

VLOGCAM ZV-1にはカスタマイズ可能なメニューやボタンがあり、撮影スタイルや撮影状況に応じて自由に変更できます。

デジタルカメラにはバックモニターから選択するメニューが多く用意されていますが、どの機能を使うかたは人によってさまざまです。
頻繁に使う機能が階層の深い位置にあると呼び出しも手間になりますが、VLOGCAM ZV-1ではよく使う機能を簡単にマイメニューへ登録できます。

ハメ撮りの際は、プレイと撮影を同時進行しなくてはならないため、撮影の最中にカメラの設定をゆっくりと行うわけにはなりません。
そんな時には、このマイメニューの機能が有利に働きます。
マイメニューには最大30個の登録ができるので、記録方式や手ブレ補正などよく使う機能を先頭から順に割り当てておくとよいでしょう。

また本体に配置されたC1やC2ボタンはカスタムキーになっており、メニュー画面から好きな機能を割り当てられるため、ボタン一発でスマホへの転送やピクチャープロファイルの呼び出しもできます。

 

シューティンググリップがハメ撮りに有利

VLOGCAM ZV-1には周辺アクセサリも充実していますが、特に注目したいのがシューティンググリップの「GP-VPT2BT」です。

ハメ撮りの際に、カメラを片手でどのように持つかに悩んだ人もいるのではないでしょうか。
片手で持って撮影できたとしても、録画の開始や停止時、もしくは設定変更の際には両手でボタンを押さなくてはならないことも多いです。

シューティンググリップの「GP-VPT2BT」は、自撮り棒やテーブル三脚としても使えますが、本体とBluetooth接続できるためリモコンとしての使用も可能です。
録画やズームなどよく使うボタンやカスタムキーも配置してあるので、ほとんどの操作は片手だけで済んでしまいます
これはハメ撮りの際に非常に有利に使うことができます。
無理な持ち方でカメラを持つ必要もなく、片手で操作まで済ませることができるのは、ハメ撮りカメラとしてはかなり良いポイントです。

また、本体から取り外せばそのまま遠隔操作用のリモコンにもなります。
さらにアルファシリーズやRXシリーズにも対応しているため、上位機種に買い替えてもそのまま使えます。

可動域も広く縦位置セットもできますし、わずらわしいケーブル接続もないため撮影スタイルの幅も広がる優れもののアクセサリです。

 

SONY VLOGCAM ZV-1はアップデートでさらに進化

カメラ本体のソフトウェアをアップデートすればさまざまな機能を追加できます。
例えば、VLOGCAM ZV-1は2021年2月のアップデートでUSBストリーミングに対応しました。

「その程度ならほかのカメラでもできる」と思われるかもしれませんが、VLOGCAM ZV-1の場合は専用ソフトやキャプチャーボードなどのハードも不要です。
つまりパソコンに繋ぐだけでそのままWEBカメラとして使えるため、専用ソフトのインストールや設定がなくてもすぐにビデオチャットツールやYoutubeLiveなどに映像を出力できます。
動画の出力サイズは1280×720ピクセルのHD画質(ハイビジョン画質)になるので、ライブ配信や会議用には十分なクオリティといえるでしょう。

ハメ撮りで配信を行うというケースは少ないでしょうが、ハメ撮り以外の用途でも使えるケースがあるのは総合的なパフォーマンスを考えた時には良い点です。
また、アップデートで進化するカメラであること自体が重要な一つの要素といえます。
今後のアップデートにも期待したいところです。

 

まとめ

カメラの各メーカーから続々と新機種が登場していますが、ほとんどは既存カテゴリの最新モデルです。
しかしVLOGCAM ZV-1はカテゴリそのものが新しく、ソニーの公式サイトでもミラーレス一眼や他のコンデジとは別扱いになっています。
それだけVLOGCAM ZV-1は特別な存在であり、新境地を開拓した機種としてカメラ史上に名を残すかもしれません。

税込10万円以下でLOG撮影が可能であり、音声にも妥協しないカメラはほとんどなく、しかも操作はいたって簡単です。
VLOGCAM ZV-1にはスロー撮影やタイムラプスなど、紹介しきれない機能も充実しています。
手軽にプロレベルの撮影を楽しみたい方にはぜひ使ってほしいカメラです。



都合のいい女性を探すならロジカルに効率を考える

自分もハメ撮りをしてみたい、セフレを作りたい、美人な彼女が欲しい、そう考える人も多いと思います。
そんな方のために、ハメ式流の出会いのマーケティング戦略を以下の記事にまとめました。
誰でもすぐに使える戦略的な考え方を18,000文字以上の無料記事として公開しています。

【ハメ式流】たくさんの美女を落とすためのマーケティング戦略


上の記事を読むのが面倒だという方のために簡潔に結論を書きます。

最高に気持ちのいい体験ができる、都合のいい女性を何人か手元に抱えておくためには、まず「戦略」が重要です。
自分の好みに合うルックス・スタイル・性格で、なおかつ成果が出るまでの距離が短い女性を数多く獲得するという考え方です。
さらに、自分の望むことを好きなように実現させてくれて、下半身で最高の快感を味わいつつ心も満たされる、そんな体験のためには「効率」を大切にしましょう。

時間効率 × 金銭効率 × 継続率

時間効率:

まず、女の子を探す時間は短ければ短いほど良いです。無駄に交渉を重ねた結果、結局ハメ撮りできなかったとなると、貴重な時間だけが失われることになります。

金銭効率:

ハメ撮り可能な女性に支払う金額ももちろん、その女性を探すのにかかるお金はできるだけ抑えたいのが本音だと思います。トータルの金額で考えて、可能な限り安く済む方法を考える必要があります。

継続率:

1回限りの関係で終わるのも悪くありませんが、2回目3回目のハメ撮りができる女の子を見つけることができると、ハメ撮りの幅も広がります。なぜなら、相手が慣れてくることによって、プレイの幅が広がったり、融通が利くようになってくるからです。

筆者が成果を出せている方法

「戦略」と「効率」を上手く満たすことができるのは「出会い系サイト」です。
根拠は、先ほど紹介したこちらの記事に詳しく書いてあります。

筆者の場合は、PCMAXを利用してだいたい月に2人くらいの可愛い女性と美味しい体験ができています。
自分の場合は継続率を考えているので、ものすごい多い人数というわけではないですが、本気でとっかえひっかえすればもっと多くの成果を出すこともできると思います。

金額的には、大体一人あたり3,000円以内でセックスを実現しているので、風俗に15,000円払うことを考えたら、5分の1以下の金額で可愛い素人女性とセックスできているのでかなりお得ですよね。
 

PCMAXで美人な女性とやり取りするまでの手順

参考までにPCMAXで美人な女性とやり取りするまでの手順を記載しておきます。

PCMAXで女性とメッセージのやり取りをするためには大きく分けて2つの手順があります。
所要時間はおおよそ3~5分程度です。

1.登録
a.PCMAXの初回特典付き画面にアクセスして『無料ではじめる』ボタンから登録フォームに進みます。




  b.フォームに必要事項を入力したら『無料ではじめる』ボタンを押してください。




  c.案内に従い、表示されている電話番号に携帯電話から発信します。 音声ガイダンスから「電話番号の確認が完了しました」と返答がありましたら『次へ進む』をクリックします。




  d.『空メール』 『フリーメール』 『QRコード』のいずれかからメールを送信します。 送信が完了したら『次へ』をクリックします。




  e.プロフィールを入力します。 入力が完了したら『次へ進む』をクリックします。




  f.『年齢確認する』をクリックして年齢確認に進みます。




 
2.年齢確認
a.先程の画面でトップページに移動した場合は、トップページの年齢確認ボタンを押して年齢確認を行います。
※PCMAXは18歳以上しか利用できません。18歳未満の方は諦めましょう。




  b.年齢確認には証明書の提出とクレジットカード登録の2種類があります。
クレジットカードがある場合には、すぐに認証できるのでクレジットカードの登録がおすすめです。
初回の決済金額はどれでも良いですが、特典ポイントと初回投資金額のバランスを考慮して、3,000円を勧めておきます。




  c.証明書の提出で年齢確認した場合には5分後くらいに認証されます。
初回限定のポイントキャンペーンがかなりお得なので、2日以内にポイントを購入しておきましょう。



※登録後は初回ポイントを確実にもらうために、まずは年齢認証を行いましょう。

PCMAXの初回特典付きページ

 

理想の環境を作り上げる

自分の望むことを好きなように実現させてくれて、下半身で最高の快感を味わいつつ心も満たされる、そんな体験をしたいなら、一番大事なのは時間を大切にすることです。
先程も説明しましたが、今出会える女性が明日も出会えるとは限らないからです。

理想の環境を作りあげることができれば、心に余裕ができます。
それによって自信がつくと仕事もプライベートも上手くいくようになり、プラスのサイクルが回り始めるようになります。
この記事を読んだ方は自分の理想の環境を手に入れるためにアクションを起こしてみてください。
  • この記事を書いた人

酒井としあき

ハメ式編集部 編集長 ハメ撮り歴12年。ハメ撮りは観るのも撮るのも大好き。カメラや動画編集にも凝っています。

-撮影機材
-,

© 2022 ハメ式