たくさんの美女を落とすためのマーケティング戦略

あなたは女性へのアプローチでこんな間違いをしていないでしょうか?

・相手を好きになりすぎて、上手くアプローチできない自分に葛藤している
・女性には積極的にアタックするのが正しいと思い込んで、引かれるようなアプローチしている
・いざ女性と知り合ってもなかなか付き合ったりセックスするまで持ち込めない
・全くモテないわけではないが、他の人と比べると自分は見劣りすると思ってしまっている

なぜ多くの男性がこのような間違いや勘違いをしてしまうのでしょうか。
それは、細かいテクニックばかり気にしてしまっていて、広い視点での戦略というものをおろそかにしてしまっているからです。

世の中には異性と出会うための方法はいくつもあります。
しかし、出会いの可能性をロジカルに落とし込んだコンテンツは決して多くありません。

多くの人は出会いも別れもフィーリングで決めてしまっています。
異性に対して多くを望まない人はそれでもよいのかもしれません。
しかし、異性との出会いを積極的に考えているのであれば、何となくで出会いを考えてしまっては、もったいないことになります。

あなたが生きている上で「時間」と「お金」は有限です
この2つをいかに無駄にせず、本当に良い出会いを実現するかを考えなければなりません。

誰に向けて書いているか

この記事では、以下の3パターンの男性を対象にして書いています。

付き合う人に妥協したくない、より高スペックな異性と付き合いたい人

より綺麗で可愛く、スタイルが良く、性格も良い女性を捕まえたいと思っている人です。
もちろん人によって女性の好みは違うでしょうから、より自分好みの人と出会いたい人と言い換えてもよいでしょう。
つまり、量よりも「質」を大事にする人です。

多くの異性と短期間で出会い、美味しい体験をしたい人

短期間で多くの女性と関係を持ちたい、多くの女性を落としたいと考えている人です。
何股もかけて付き合いを継続するパターンも、短期的な関係を多くの女性と持ちたいというパターンも、どちらもこれに含まれます。
わかりやすく噛み砕いて表現すると、多数の女性とヤリたい人です。
つまり、質よりも「量」を重視する人です。

上記の両方を実現したい人

多くの高スペックな女性と関係を持ちたい人、つまり質と量の両方を得たいという究極のパターンです。
そんな美味しい話があるのかと思う人もいるかもしれませんが、あくまで戦略の立て方次第なので、もちろん両方を実現することも可能です。

つまり、出会いたい願望が強い人がこの記事の対象となっています。
反対に、ある程度妥協してもいいから付き合いたいという人や、多くの人を落とすなんて人道的ではないと考える人は、この記事の内容は向いていません。

なお、本メディアは男性向けとなっていますが、この記事の内容は男女共通で使える考え方となっています。
男性視点で執筆していますが、立場を置き換えて女性視点でも読むことができます。
考え方や戦略の立て方をメインとしつつ、具体的な方法まで触れていますので、是非読んでみてください。

 

恋愛強者3割の法則

まず、前提となるデータから見ていきましょう。
恋愛強者3割の法則は、コラムニストであり独身研究家の荒川和久さんが提唱している理論です。
恋愛というワードが含まれていますが、恋愛ではなく多くの異性とセックスしたいだけの人にも参考になる内容です。

詳しい内容はプレジデント社が運営する大手ビジネスメディアであるPRESIDENT Onlineにて掲載されている記事がありますので、こちらを参照してみてください。

ここでは、早く結論を知りたいという人のために、上記の記事の要約を記載します。

ポイント

  • 1982年から2015年までの30年強の長期的なスパンでみれば、男女とも「恋人がいる率」というのはいつの時代も2割~3割台程度の間に収まっている
  • 20~34歳までの未婚男女は男性の方が約99万人も多く、自由恋愛になればなるほど格差が広がる
  • 常に3割はいる恋愛強者の影で、一度も恋愛経験のない恋愛最弱者男性も3割存在する

このように、全くモテずに寂しい暮らしを送っている人が多い一方で、勝ち組は多くの異性との恋愛を経験していることになります。
いつの時代でも恋愛競走において勝ち組はおおよそ3割ということがデータで証明されている以上、異性の獲得競走に勝ちたいと思っている人は、この上位3割以内に入る必要があります

それでは、そのために必要なのは一体何でしょうか。
カッコよくなるための努力でしょうか。

もちろんそれも1つの要素としてあるのは事実です。
しかし、一方でブサイクな男性や会話が面白くない男性でも多くの女性を抱いているケースがあるのも事実です。

自分という存在を磨いてレベルアップするのは重要ではありますが、それだけでは恋愛強者になることはできません。
自分を磨く努力をしなくても(例えばルックスや収入、スタイル、性格に難があったとしても)異性に困ることがない人は存在しています。
まずはあなたがそこに入ること、つまり上位3割に入ることが何よりも重要です。
そのためには適切な戦略構築と実行が大切になります

 

出会いのマーケティングフロー

まず、本記事で提唱する出会いのマーケティングフローを見てみましょう。
ここでは各項目の意味を理解しなくても構いません。

なぜ全体戦略で考える必要があるのか

なぜ全体的なマーケティングフローをお見せしたのかについて解説しておきます。

世の中には出会いに関するコンテンツはありふれています。
モテる男性になるためのコツ、女性をホテルに連れ込むコツ、良い人と出会うためのコツ…などなど、探せばいくらでもありますが、それのどれもが成果を出すための全体のフローの中のどこかピンポイントの1箇所のコンテンツでしかないのです。
そのため世の中の男性は、まず女性と食事に行く時のコツを学んで、それで上手くいかなければ次は会話のコツを学んで、それでダメだったらホテルに誘うコツを学んで…と、細かい方法やノウハウを試行錯誤することになります。
しかし、木を見て森を見ずという言葉がある通り、細かいテクニックばかり気にしていても、成果は追いついてきません
もちろん細かいテクニックは無いよりはあった方がいいですが、それだけにとらわれてしまうと、行き当たりばったりの行動ばかり繰り返してしまい、結局遠回りをすることにもなりかねません。

人生において時間は有限です。
本当に成果を出すためには、時間を有効に使う必要があります。
そのためには、まず成果を出すための道のりの全体感を掴んで、戦略的に行動していくことが大事になります
全体戦略を理解したら、後はそれぞれの成功確率を高めるための細かいテクニックを身につけていけぱいいのです。
企業に例えるのであれば、担当者レベルの思考ではなく、経営者レベルの視野や思考を持つということです。

それでは、先程のマーケティングフローの各項目について詳しく見ていきましょう。

 

リード獲得

出会いのマーケティングにおいて、リードとは「コンタクトが取れる異性」のことです。
いわゆるこれから何かしらの成果を期待できる、見込みのある異性のことを指します。

連絡を取れる異性が1人もいなければ、付き合うこともセックスをすることもできないのは誰でも分かるでしょう。
では、単純に見込みのある異性をどんどん増やしていけばよいのでしょうか。
実はそう単純ではないのです。
なぜなら、リードには「量」だけでなく2種類の「質」の要素があるからです。

早速その「質」について解説していきたいところですが、まずは分かりやすいところから説明した方がよいと思いますので、リードの「量」について解説していきます。

リードの量

どれだけ多くの異性の連絡先を保持しているか、の指標です。
当然ですが、多くの連絡先を持っていればそれだけ目的を達成できる可能性が増えます。
出会いが無いと嘆いている人は、まずリードを確保することに注力する必要があります。

しかし、よく考えてみてください。
「出会いが無い」という状況にも、実は3つのパターンが存在するのです。

1つ目は異性の知り合いが全くいない、0人のパターンです。
このような状況の人は、まずは異性と出会う必要があるということは誰でも理解できるでしょう。
しかし、そうではないパターンも存在します。

それが2つ目のパターン、好みの異性や恋愛対象となる異性との出会いが無いパターンです。
つまり、女性の知り合いはいるけれども、性的な対象として見れる女性との出会いがないというパターンです。

そして最後の3つ目のパターンは、性的な対象として見れる女性との出会いはあるけれども、成果が出るまでの距離が遠いパターンです。
この女性を落としたい、もしくは付き合いたいと思っても、やたらガードが固かったり、相手にその気がなかったりして、成果には結びつかないという経験を持っている方も多いのではないでしょうか。

このあたりからリードの「質」について考える重要性が見えてきます。

リードの質

先程の2つ目のパターンと3つ目のパターンを思い出してください。

2つ目のパターンで足りていないのは、「女性のスペック」です。
そして3つ目のパターンで足りていないのは「成果が出る可能性(確度)」です。

つまり、リードの質には以下の2種類があるということです。

スペックの質
ルックス、スタイル、性格等、出会う女性が自分の好みのレベルまで達していない

成約確度の質
出会う女性にその気がない、ガードが固い

成約確度については女性だけの問題ではなく、男性の魅力が足りないことに起因するケースもあるのでは?と感じた方、それはその通りです。
自分をレベルアップさせることで、女性をその気にさせるというのも1つの方法です。

しかし、よく考えてみてください。
いきなりハイレベルな女性を落とせるくらいに自分をレベルアップできるのであれば、そもそもこの記事は読んでいないでしょう。
これは完璧主義者が特に陥りやすい罠なのです。

 

なぜ人はメンタルをやられるのか

突然ですが、なぜ人が精神を病んでしまうことがあるかについて解説します。
端的に言います。
それは、理想と現実の乖離が大きすぎる時です。
叶えたい理想は多くの人が持っています。
しかし、他人のことは客観的に見れたとしても、自分の立ち位置を正確に把握することは思うよりも難しいものです。
理想を夢見てフワフワしている時は幸せです。
しかし、その理想が大きすぎた時、そして自分の立ち位置が理想とはかけ離れていることを知った時、人は精神面でダメージを受けます。
そして、どうやっても自分が望む未来を手に入れられないということをはっきり認識した時に、人はメンタルをやられてしまうのです。

例えば政治家が何らかの事件で政治家生命を絶たれて、自殺したとします。
過去を振り返ると、そのような事件は1つや2つ、頭の中に浮かぶのではないでしょうか。
その政治家は一般的な人と比較すれば多額のお金を稼いでいました。
たとえ政治家生命を絶たれたといっても、一般人からすると羨むレベルの貯金はあるし、逮捕されたわけでもないので、少し生活レベルを落とせば別の人生を歩むこともできたはずです。
しかしなぜ自殺を選んでしまうのでしょうか。
それは、自分が思い描いていた理想の政治家としての生活や家族との関係が壊れてしまい、もう修復できないことを悟ったからです。
人は、仮に他の一般的な人々よりも不自由なく生きることができる環境を持っていたとしても、理想と現実の大きな乖離を認識した時に死を選ぶこともあるのです。

もちろん、自分の心をうまく騙して、逃げ続けることもあります。
いわゆる逃避行動です。
だから全ての人が必ず精神を病むというわけではありません。

では理想と現実の乖離が大きい時、どのように解決すればよいのでしょうか。
それは、少しずつ、地道に、その乖離を埋めていくことです。
それしかありません。
いきなり理想を叶えるのではなく、まずは小さい1歩から、時間をかけて少しずつ階段を上がっていくことしかできないのです。
大きい目標があるのであれば、それを分解して、まずは身近な目標に落とし込むのです。

つまり何が言いたいのか。
元々の話題である、リードの質の話に戻しましょう。

要は「まずは勝てる土俵で戦え」ということです。
ずっとその土俵で戦えということではありません。
しかし、最初から完璧を求めすぎると、1歩も前に進まないことはよくあります。

まずは自分に合った土俵の出会いを増やすこと。
そしてそこでの経験を元に少しずつレベルアップしていって、最終的な自分の理想に近づいていくのです。
ゲームが好きな人はRPGゲームで主人公がレベルアップしていくのを思い浮かべると分かりやすいでしょう。
誰もレベル1の状態で魔王に挑もうとは思わないはずです。

話が長くなりましたが、結論を言います。
ガードが固かったり、見込みのない女性を相手にしていても仕方がありません
難易度が高い女性を落とすのは、自分のレベルが十分に高くなってからチャレンジすべきことです。

まず、ガードが緩い女性からチャレンジしましょう。
もちろん、女性の質は妥協する必要はありません。
ブサイクを狙えとか、そういうことを言うつもりはないです。
ルックスや性格が良くてガードが緩い女性は存在します
意図的にそういった出会いを増やすことが重要なのです。

 

リードナーチャリング

リードを獲得する具体的な方法は後ほど説明するとして、次はナーチャリングについて説明します。
ナーチャリングとは「育成」です
つまり、獲得したリードの見込みを増やしていくこと、確度の高いリードへと成長させていくことを指します。

女性と出会って間もない段階で、望むような成果をあげるのは難しいケースも多いです。
まだお互いがどのような人かもわかっておらず、信頼関係が築けていない状態で、いきなりセックスをしたり付き合ったりするのは、かなり難易度が高いといえます。

そのため、まずは獲得したリードの見込みを上げていく作業が必要になります。
具体的に言うと、相手の話を聞いたり、こまめに相手のことを気にかけてあげたり、相手のことを理解したり、自分のことを理解してもらうことです。
メールや電話でもいいですし、直接会ってでも構いません。
相手の信頼値を上げていくことに注力するのです。
これをエンゲージメントを高めていくと言います。

一応解説しておくと、信頼をお金で買う方法も無くはありません。
これについては後半で軽く触れます。
ただ、注意しておくことが2つあります。
1つは、信頼をお金で買う方法が通用するリードとしないリードがあるということです。
これはリード獲得のチャネル(経路・手段)によって大きく異なります。
もう1つは、達成したい目的によって合う合わないがある点です。
例えばセックスしたいだけであればお金で買えるかもしれませんが、愛情や信頼を育みたい場合にはお金に頼りすぎるのは逆効果です。

もしお金がありふれている人がこの記事を読んでいるのであれば、うまくお金を使った戦略を考えていけばよいですが、そういう人は多くはないでしょう。
この記事では、お金に頼らない方法を中心として解説しています。

話を戻して、エンゲージメントについて考えていきましょう。

エンゲージメントとは

エンゲージメントとは、いわゆる愛着心です。
もちろん、自分のではなく、自分に対する相手(女性)からの愛着心のことを指します。
先程のように信頼度と考えてもよいでしょう
ゲームとは違うので、このエンゲージメントの度合いは数値となって目に見えるわけではありません。
そのため、十分な信頼関係が築けているかどうかは自分の感覚で掴む必要があります
そして、自分の感覚は経験を積むことで磨かれていきます。

 

マインドセット

ここで、異性との関係において多くの成果を出すために備えておくべき心構えについて解説します。
それは絶対に1人の異性だけに入れ込みすぎないことです。

特に女性との経験が多くない人は、相手のちょっとした優しさに惹かれてしまうことがあります。
しかし、自分が相手のことを好きになってしまうと、冷静な判断ができなくなってしまいます。

一番大切なのは、「自分が好きになるのではなく、相手に好きになってもらうこと」です。
自分が惚れたら負け、相手に惚れさせたら勝ちというマインドの持ち方が大事なのです。

そうはいっても、良い女性と出会ったら好きになってしまうこともあるでしょう。
そういう時は、「好きな人」ではなく「お気に入りの女性の1人」という考え方を持ちましょう
この考え方を持つためには、リードを豊富に持っておくことが大切です。
つまり、自分に余裕がある状態にしておくことです。

この考え方は、相手との交渉の場面においても大切になります。
例えばあなたが誰かから物を買う場面を想像してみましょう。
相手が必死に物を売りつけようとしてきたら、あなたは「何か裏があるのではないか?」と考えて、引いてしまうのではないでしょうか。
逆に、人気があって残りの在庫が少ない物を相手が売ろうかどうしようか迷っていたら、今度はあなたが必死になって売ってほしいと頼むのではないでしょうか。
これは物を買う場面だけでなく、異性との関係においても同じです。
必死な人は敬遠されて、余裕がある人がモテるのです
余裕がある人になるためには、余裕を持つための根拠が必要です。
つまり、リードをたくさん持っておくことが、自分の心の余裕につながるということです。

 

アポイント~成約

先程のナーチャリングの項目で、相手の信頼値を蓄積していくことの重要性について説明しました。
もしあなたが十分な信頼関係を築いたと感じたなら、成果を出すための場をセッティングします。
いわゆるコンバージョンさせるための場面を設けて、交渉をするということです。

コンバージョンとは

コンバージョンとは「目的の達成」です。
最初に説明した通り、人によって目的は様々です。
この記事では主に「セックスする」か「付き合う」のどちらかで考えていますが、正直目的は何でも構いません。
なぜなら、目的を達成するためのフローに変わりはないからです。
例えば、ハメ撮りがしたい、お金を貢がせたい、セフレとしてキープしたい、アブノーマルなプレイがしたい…等、コンバージョンの設定はどのようにしても大丈夫です。
しかし、設定したコンバージョンポイントによって難易度はそれぞれ異なります。

成果を出すためのコツ

この記事を読んでいる皆さんは、成果を出すためのコツについて知りたがっているかもしれません。
しかしはっきり言ってしまうと、成果を出すためには、アポイントよりも前のフローが大切になります。
つまり、リード獲得やナーチャリングが何よりも大切なのです。
コンバージョンさせる時には、既に「勝ちが確定している」くらいの状態で挑むべきなのです。

なので、ホテルに連れ込むためのノウハウ等を書いているコンテンツを否定するわけではありませんが、結構どうでもいいことだったりします。
それよりも、その前の段階でどれだけ信頼値を獲得しているか、エンゲージメントを高めることができているかの方が余程重要です。
自分が設定したコンバージョンポイントの難易度に見合うだけのエンゲージメントを獲得すること。
まずはこれを考えましょう。

想像してみてください。
もしあなたが完璧な信頼を獲得していれば、相手から誘ってくることだって十分に有り得ます

そして、ナーチャリングの手間ができるだけかからないリードを獲得しておくことも重要です。
初期状態のエンゲージメントが低ければ低いほど、成果を出すための道のりは遠くなります。
最初からある程度エンゲージメントが高いリードであれば、ナーチャリングにかける工数は少なくて済むのです。
これがリードの質の項目で説明した、「成約確度」のことです。
そのためにはリード獲得のチャネルについて工夫する必要がありますが、それは後ほど解説します。

 

アップセル・クロスセル

ここに書いてあることを参考にして、あなたが何らかの成果を出すことができたとします。
しかし、それだけで終わるのは面白くありません。

成果を出すことができた女性というのは、いわゆる優良顧客です。
エンゲージメントも高い状態まで持っていくことができているはずです。
つまり、更にその先のコンバージョンを設定しやすいということです。
これがアップセル・クロスセルの考え方です。

例えば、関係をすぐに終わらせずに、長期間継続させるというのは分かりやすい指標です。
継続率を高めるための工夫は、成果を出した後にトライしてみてもよいでしょう。

また、より難易度の高い要求を相手に飲んでもらうという考え方もあります
一度成果を出した相手のエンゲージメントを更に高めていって、より難しい要求に応えてもらうことも十分に可能です。

 

本当に成果が出る戦略とは

さて、それではどうすれば成果を出すことができるのか、具体的な方法について解説していきます。
先程説明した通り、重要なのはリード獲得とナーチャリングの部分です。
「勝ちが確定している」状態をいかに作り出すか、というところですが、その前に少し触れておきたい話があるので触れておきます。

モテない人だからこそ成果が出せる

よくモテる人、モテない人、のような議論を耳にすることがあるかと思います。
この「モテる」という表現ですが、モテる男性とは「一番最初の女性とのコンタクトが上手くいく人」を指していることが多いと思わないでしょうか。
つまり、ルックスが良くて多くの女性を惹き付けたり、人当たりが良くて多くの女性から声をかけられたりする人です。

たしかに最初のきっかけを多く作り出せるという点では、モテる男性は有利な位置にいると言ってもよいでしょう。
しかし、「成果を出す」という視点では必ずしもモテる男性が強いわけではないということは、ここまで記事を読んできた方であれば理解できるはずです。

モテる男性がいかに最初のコンタクトに成功したからといって、その後の信頼関係の構築が上手いかどうかは全く関係ありません
逆に第一印象で不利な男性であっても、その後の行動次第ではモテる男性を超える成果を出すことが十分に可能です。

そもそも、モテる人はそれが当たり前になってしまっているので、異性との関係において工夫や成長をしようとする考えを持ちにくいです。
そのため、関係を重ねても年を重ねても、同じことをただ繰り返しているだけの、成長が期待できない人になりがちです。
一方で、自分の状況が不利な人は、改善しなければという意識が働くため、工夫や成長の余地が非常に大きいのです。
しっかりと戦略を自分で理解して行動すれば、成果が成果を生むプラスのサイクルが回り始めます。

そのために、まずは成果を出すための戦略を構築していきましょう。

 

全体戦略における指標

まず、女性との関係において成果を出すための指標について解説します。
以下の式を頭の中に叩き込んでください。

時間効率 × 金銭効率 × 継続率

それでは詳しく見ていきましょう。

時間効率

人生において、持っている時間は有限です。
著名な投資家であるウォーレン・バフェットも、「私は、欲しいものはたいてい何でも買えますが、時間は買えません。」と言っています。

この時間に対する考え方は参考となる記事が2つあるので、それを参考にしてもらった方がよいでしょう。

1つは先程紹介したウォーレン・バフェットの時間の考え方に関する記事です。
ライフハック術のウェブメディアであるLifehacker(日本版)に掲載されていて、とても良い記事なので是非読んでみてほしいです。

もう1つは、かつて日本最大級の電子掲示板である「2ちゃんねる(現・5ちゃんねる)を生み出した、ひろゆき氏(西村博之 氏)の記事です。
ダイヤモンド社が提供するビジネス情報サイトであるダイヤモンド・オンラインに掲載されています。
短くてサクッと読めるので、こちらもおすすめです。

この2つの記事で共通して言っていることがあります。
それは、本当に重要なことに時間をかけることの重要性です。

特に異性との出会いにおいて、時間の考え方は重要です。
なぜなら今出会える女性は、明日も出会えるとは限らないからです。
今この一瞬一瞬が、本当は出会えたはずの女性を見逃してしまっているということにもなります。
いかに時間を無駄にせずに、効率的に良い女性と出会うかを考えることが大切になります。

今、この時代において、オンラインでの出会いが加速しているのは非常に良い点です。
特に2020年に新型コロナウィルスが蔓延してから、世の中でインターネットを利用したオンラインツールへの認識が大きく変わり、その有用性が再認識されました。
オンラインの良いところは無駄を省いて効率的に物事を進めることができるところです。
女性との出会いも、オンラインで考えることで効率を最大化することが可能になります

金銭効率

正直に言うと、お金が余るほどあれば、異性との出会いにそこまで困ることはありません。
お金は人生において取れる選択肢を大幅に増やすことができます。

しかし、お金で出会いをカバーすることのデメリットが2つあります。
1つは、自分が成長しなくなることです。
お金に頼ればなんとかなるという思考は、人から考える力を奪います。
人は成長しなければただ衰えていくのみです。
気づいた時にはお金以外何も残っていない自分と向き合わなければならなくなります。
そしてもう1つは、お金が目的の女性を相手にすることの不毛さを味わうことです。
お金を第一の目的として考えている女性は、お金が無くなれば縁が切れます。
そしてお金に頼ってしまうと、女性を攻略するという醍醐味も味わうことができません。
つまり、お金という存在は分かりやすいインセンティブであるが故に、本当の信頼関係を遠ざけることにもつながるのです。
その結果、表面的には満足しているはずなのに、深層心理では深い満足感が得られないまま、もやもやとした気持ちを抱えて過ごすことになります。

もちろん、女性との出会いには多少のお金は必要になります。
食事をするにもホテルに行くにも、ある程度の出費は考えておいた方がよいでしょう。
しかし、無駄なお金を使うことはやめましょう
いかにお金の使い方を効率良く考えるか、これも1つの指標です。

例えば、高望みしている女性が毎月結婚相談所に大金を払っているのを見たら、不毛なことをしているなと、あなたは思うのではないでしょうか。
立場が違えば冷静に見れる物事も、自分のことになると見えにくくなるものです。

真面目に付き合える女性を探している男性はもちろんですが、多くの女性とセックスしたいと思っている男性は特に、お金の効率を意識した方がよいでしょう。
あなたが大事に稼いだお金を無駄に使うくらいなら、別の何かに投資した方が余程マシです

継続率

出会ってセックスが1回できれば満足する男性であれば気にしなくてもいいかもしれませんが、いかに関係を継続していけるかも1つの指標として考えておいた方がよいでしょう。
特に、女性との関係は回数を重ねれば重ねるほど親密度が上がっていき、より融通がききやすくなります。
例えば、会ってすぐにホテルに行くことができるようになったり、使うお金が少なくて済むようになったり、今までさせてくれなかったプレイをさせてくれるようになったりします。

そうすると、時間効率と金銭効率がさらによくなっていき、結果として成果が出やすくなります。
また、継続的な関係のある女性がいると、心にも余裕が持てるようになります
そうすると他の女性とのコミュニケーションにも自信がついて、成果を出しやすい状態になるのです。
そのためにはリード獲得の時点から、継続率が良い女性を獲得するための方法を考えておく必要があります。

 

コンバージョンさせるための戦略

それでは成果地点から逆算する形で戦略を見ていきましょう。
まずはコンバージョン、つまり目的を達成する場面での戦略です。

先に説明したように、1番重要なのはここに至るまでの信頼の獲得です。
そのため、目的を達成するための交渉の場面では、勝ち戦を消化するくらいの状態が理想となります。

もしあなたがこれまでに相手との信頼関係を十分に築けていると感じている場合には、できるだけハッキリと自分の要望を伝えた方がいいでしょう。
相手と付き合いたいなら「付き合ってほしい」、セックスがしたいなら「ホテルに行きたい」もしくは「セックスがしたい」といったように、本当にそのくらいハッキリと伝えた方が良い結果を生み出します。

もし信頼関係が完璧に築けていないけれどもチャレンジしたいという場合には、交渉に挑む心持ちでアタックしてみるのがよいでしょう。
そのような場合には、細かいテクニックが効いてくることがあります。
小さいテクニックについてはこの記事ではあえて説明しませんが、世の中には異性との関係におけるテクニックを書いた記事が山ほどありますので、ネットで検索してみればよいかと思います。
ただ、本筋の考え方は、相手の信頼を獲得すること、エンゲージメントを高めることだということは忘れないようにしましょう。

 

ナーチャリングの戦略

では、信頼を獲得する方法、エンゲージメントを高めていく方法について見ていきましょう。
どのようにすれば上手く相手の信頼を獲得できるのでしょうか。

もちろんこれも様々なテクニックや考え方がありますが、一番分かりやすい考え方は「相手にとって都合の良い存在になる」ことです。
つまり、できるだけ自分が「相手にとって必要な存在になる」ように行動することです。

では具体的にどうすればよいのでしょうか。

女性の話を聞いてあげることでしょうか?
女性の荷物を持ってあげることでしょうか?
女性に優しい言葉をかけてあげることでしょうか?

全て違います。

違うというよりも、世の中には様々なタイプの女性がいて、望んでいることもそれぞれ全く異なるということを理解しなくてはなりません。

例えば先程の例で言うと、男性にできるだけ話してほしいと思っている女性もいれば、荷物は自分で持ちたいと思っている女性もいるし、優しい言葉ではなく男らしい態度をとってほしいと思っている女性もいるということです。

つまり、決まった答えはないのです。

では、どうすればいいのでしょうか。
それはヒアリングと小さいチャレンジの繰り返しです。

相手が何をされると喜ぶのか、何をしてほしいと思っているのか、会話の節々で少しずつ探りを入れてみましょう。
もしくは、自分の行動によって相手がどんな反応をしたかをしっかりと記憶して、自分の行動を最適化していくのです。
相手が少しでも嫌そうな反応をしたことは二度とやらないようにして、相手が喜んだり嬉しそうな顔をしたことは、次からも積極的にやるようにするのです。

それを繰り返していくと、相手にとって自分という存在が大きくなっていき、そのうちなくてはならない存在になっていきます。
それこそが信頼の獲得であり、エンゲージメントを高めることにつながるのです。

このように理解していくと、世の中に存在する「女性と付き合うためにはこうした方がいい!」といったような定型的な記事が、いかに不毛なことを書いているかがよく分かるのではないでしょうか。
そもそも、「女性」と一括りで書いている時点で頭が悪いことが丸わかりです。
もちろん女性という性別に共通する、男性との性差のようなものは存在します。
しかしそれはそんなに多くはありません。
それよりも、一人一人の個人をいかに落とすか、という視点の方が余程重要なのです。

発想を逆転させると、信頼関係を構築しやすい女性、つまり成果までの距離が短い女性を狙っていくことが、効率的に成果を出すために重要となることがわかると思います。

 

リード獲得の戦略

リード獲得、つまり女性との最初のコンタクトを取る方法を考えるにあたって、チャネルの選択が大切です。
チャネルとは経路、つまり女性とのコンタクトを作るための手段です。
このチャネルによって、出会える女性のタイプや量が全く異なってきます。

このチャネルをどのように選ぶのかは、あなたが自由に決めることができます。

ここではいくつかの例を挙げてみていきます。

職場・学校

リードの量:★★
女性の質:★★★
成約確度:★★★
時間効率:★★
金銭効率:★★★★★
継続率:★★★★★

普段あなたが過ごしている環境で出会いを探す方法です。
その人のことをよく理解できる機会が多い分、閉じられた環境なので出会える母数は少ないです。
また、知り合いが多い環境のため、他の出会いの方法に比べるとリスクが圧倒的に多いです。
良からぬ噂が立ってしまったり、ライバルがいたり等のリスクを回避するためには、時間効率をある程度犠牲にする必要があります。
ルックスの良い女性は競争率が高く、その環境下で自分のポジションが決まっている以上、手の届く範囲での女性から選ぶことになります。
ただし、出会い自体にお金は必要なく、お互いに相手が理解できているため継続率も良いといえるでしょう。

知人の紹介

リードの量:★
女性の質:★★★
成約確度:★★★
時間効率:★
金銭効率:★★★★★
継続率:★★★★

まず、数があまり期待できません。
知り合いから多くの女性を紹介してもらうのはあまり現実的ではなく、せいぜい1人~5人程度でしょう。
出会いの量や時間効率を追い求める場合には向いていないといえます。
また、女性の質を紹介者にゆだねることになるため、あなたが女性の選り好みをするのはなかなか難しいです。
その分、出会い自体にお金はかかりません。
また、紹介で出会った場合は、紹介者との関係もあるために、継続率は比較的良いといえます。

ナンパ

リードの量:★★★
女性の質:★★★
成約確度:★
時間効率:★★
金銭効率:★★★★
継続率:★★★★★

いわゆる路上やお店等でナンパするパターンです。
ターゲットとなる女性は多いものの、いきなり声をかけるという点で成約確度は圧倒的に落ちます。
声をかけるだけなのでお金が必要ないという点は良いのですが、その分あなたの時間を大幅に犠牲にしていることになります。
あなた自身が動いている時間にも金銭的な価値があることを自覚した方がよいでしょう。
また、ナンパでほいほいついてくるような女性はそれっきりになる可能性が高く、継続率はあまり良くないことが想定されます。

婚活パーティー

リードの量:★★★★
女性の質:★★
成約確度:★
時間効率:★★★
金銭効率:★
継続率:★★★

結婚を希望する男女が集う婚活パーティーですが、基本的にはこのような場に出会いを求めるしかない売れ残りしか集っていないということに目を向けるべきでしょう。
また、オフラインのために時間効率は圧倒的に落ちます。
男性は婚活パーティーに参加するために多額の料金を支払わなくてはなりません。
金銭的にも時間的にも、女性の質としても厳しいというのが現実です。

交際クラブ

リードの量:★★★★
女性の質:★★★★★
成約確度:★★★
時間効率:★★★
金銭効率:★
継続率:★

交際クラブについてはこちらの記事に詳しい内容を書いてあります。
結論としては、圧倒的に金銭効率が悪いです。
また、女性のルックス等には期待ができるので星5をつけましたが、こういうところに登録している女性は百戦錬磨でお金に関する見極めも厳しいため、余程のお金持ちでなければ継続的な関係を築くのは難しいです。

SNS

リードの量:★★★★
女性の質:★★★
成約確度:★★
時間効率:★★★★
金銭効率:★★★★★
継続率:★★

SNSでの出会いについてはこちらの記事に詳しい内容を書いてあります。
SNSのメリットは、お金がかからないことです。
確立はかなり低いですが、根気よくアタックを続けていけば、全くお金をかけずに出会うことができる可能性もあります。
しかし、自分の労働時間を金額換算した場合、あなたの時給が800円以上だとすると、4時間以上の時間をかけるのであれば、普通に出会い系を使った方が圧倒的に効率が良いという計算になります。
SNSはお金のない学生やフリーターに向いている手法といえるでしょう。

出会い系

リードの量:★★★★★
女性の質:★★★★
成約確度:★★★★★
時間効率:★★★★★
金銭効率:★★★★
継続率:★★★★

しっかりとした規模のプラットフォームを選べば、ターゲットとなる女性の母数をしっかりと確保できるのが出会い系の特徴です。
また、出会い系に登録している女性は少なからず、何らかの男性との接点を探している女性になります。
つまり、成果が出るまでの距離が短い、成約確度の高い女性に幅広くアプローチできるのが出会い系の魅力といえます。
最初のやり取りはオンライン前提なので、見込みが無ければサクッと切り捨てればよく、時間効率も良いといえます。
成果が出るまでの金額も、他の手法に比べると安価で済むのも良い点です。

マッチングアプリ

リードの量:★★★★★
女性の質:★★★★
成約確度:★★★★
時間効率:★★★★★
金銭効率:★★★★
継続率:★★★★

マッチングアプリも出会い系同様に時間効率が圧倒的に良い方法です。
男性との接点を探している女性が登録しているので、女性の質も良いですが、セックス目的の場合は出会い系と比較すると若干成果までの距離は遠くなります。
登録している女性の母数はどちらかというと出会い系の方が多いですが、それでもしっかりしたマッチングアプリを選べば登録ユーザーが多いことは事実ですので、星5としました。
セックスを求めるのか、純粋な出会いを求めるのか、目的によって出会い系と使い分けるのが良いでしょう。

 

リード獲得チャネルのまとめ

ここまでの結果を表でまとめると以下のようになります。
1が最低点で5が最高点です。
合計点数が高いものが、成果を出しやすいリード獲得チャネルとなります。

チャネル リードの量 女性の質 成約確度 時間効率 金銭効率 継続率 合計点数
学校・職場 2 3 3 2 5 5 20
知人の紹介 1 3 3 1 5 4 17
ナンパ 3 3 1 2 4 2 15
婚活パーティー 4 2 1 3 1 3 14
交際クラブ 4 5 3 3 1 1 17
SNS 4 3 2 4 5 2 20
出会い系 5 4 5 5 4 4 27
マッチングアプリ 5 4 4 5 4 4 26

合計点数で見ると、出会い系とマッチングアプリの点数が高い結果となりました。
オンラインで確保できる圧倒的な女性の母数と成果に至りやすい女性の積極度、そして安価で済むという点から考えると、この2つの点数が高いことは理解できます。
真面目な付き合いであればマッチングアプリ、セックスまで早くたくさん持ち込みたいという場合は出会い系という考え方で問題ないでしょう。

反対に婚活パーティーは一番点数が低い結果となっています。
そもそも、大金を払って、見込みの少ない売れ残りの女性に、オフラインでアタックをするのは、どう考えても成果から遠いということは、冷静に考えれば誰でも理解できるはずです。

 

筆者が成果を出せている方法

男なら誰でも、最高に気持ちのいい体験ができる、都合のいい女性を何人か手元に抱えておきたいと思うのではないでしょうか。
自分の望むことを好きなように実現させてくれて、下半身で最高の快感を味わいつつ心も満たされる、そんな体験をしたいなら、一番大事なのは時間を大切にすることです。
先程も説明しましたが、今出会える女性が明日も出会えるとは限らないからです。
理想の環境を作りあげることができれば、心に余裕ができます。それによって自信がつくと仕事もプライベートも上手くいくようになり、プラスのサイクルが回り始めるようになります。

筆者である自分のノウハウを記載しておくと、一番成果を出せているチャネルは出会い系です。

いくつかの出会い系サイトを比較して試してきましたが、結論としては、今のところ大手のPCMAXが女性の質が高くて母数も多いので、ほぼPCMAXを利用しています。
たまに違う出会い系サイトも併用する形が主流です。

なお、筆者の場合は可愛い女性と多くセックスするということが目的なので、真面目な付き合いを望む方はマッチングアプリの方がよいでしょう。
個人的な最近の戦績は、出会ってからセックスに持ち込むまでが7割~8割、そこからハメ撮りできるのが4~5割くらいです。
大体一人あたり3,000円以内でセックスを実現しているので、風俗に15,000円払うことを考えたら、5分の1以下の金額で可愛い素人女性とセックスできているのでかなりお得ですよね。

もちろん、人によって方法の合う合わないはあります。
どの方法を選ぶかは自由なので、自分に合ったリード獲得チャネルを選ぶことが重要です。
ただ、普段あまり女性と出会う機会が少ないという方や女性と話していると自分より女性の方が優位に立っていると感じることがある方は、場数を踏むことができて、女性の質も高いPCMAXはおすすめです。

 

PCMAXで美人な女性とやり取りするまでの手順

参考までにPCMAXで美人な女性とやり取りするまでの手順を記載しておきます。
他の出会い系の場合でも大体似ている手順ですので、参考にしてください。

PCMAXで女性とメッセージのやり取りをするためには大きく分けて2つの手順があります。
所要時間はおおよそ3~5分程度です。

1.登録

a.PCMAXの初回特典付き画面にアクセスして『無料ではじめる』ボタンから登録フォームに進みます。

 

b.フォームに必要事項を入力したら『無料ではじめる』ボタンを押してください。

 

c.案内に従い、表示されている電話番号に携帯電話から発信します。
音声ガイダンスから「電話番号の確認が完了しました」と返答がありましたら『次へ進む』をクリックします。

 

d.『空メール』 『フリーメール』 『QRコード』のいずれかからメールを送信します。
送信が完了したら『次へ』をクリックします。

 

e.プロフィールを入力します。
入力が完了したら『次へ進む』をクリックします。

 

f.『年齢確認する』をクリックして年齢確認に進みます。

 

2.年齢確認

a.先程の画面でトップページに移動した場合は、トップページの年齢確認ボタンを押して年齢確認を行います。
※PCMAXは18歳以上しか利用できません。18歳未満の方は諦めましょう。

 

b.年齢確認には証明書の提出とクレジットカード登録の2種類があります。
クレジットカードがある場合には、すぐに認証できるのでクレジットカードの登録がおすすめです。
初回の決済金額はどれでも良いですが、特典ポイントと初回投資金額のバランスを考慮して、3,000円を勧めておきます。

 

c.証明書の提出で年齢確認した場合には5分後くらいに認証されます。
初回限定のポイントキャンペーンがかなりお得なので、2日以内にポイントを購入しておきましょう。

※登録後は初回ポイントを確実にもらうために、まずは年齢認証を行いましょう。

PCMAXの初回特典付きページ

 

まとめ

ここまで解説したマーケティング戦略は、実はあらゆることに応用することができます。

分かりやすく説明すると、以下のようになります。

・望む成果を目的として設定する
・目的達成のためにアプローチできる母数を確保する
・ターゲットの質を意識する
・目的達成のための道筋を一つ一つ分解して目標設定する
・一つ一つの目標達成のために目には見えない数値を高めていってクリアする

今回の記事では女性ターゲットに対してエンゲージメント(信頼値)を高めるという説明をしましたが、受験であれば対象校と学力、転職であれば対象企業と実績といったように、内容を置き換えることによって、万能に使えるフォーマットだということを理解いただけるかと思います。

後は、実際にアクションを起こすだけです。
ここでは広い視点での戦略を説明しましたが、細かいテクニックについては自分の経験から学ぶのが一番です。
なぜなら、同じ男性でも年齢や性格、ルックスや趣味嗜好までバラバラで、男性全体に共通するテクニックというのはなかなか少ないからです。

しかし、ここで説明した戦略は誰でもすぐに実践することができます。
ここで違いが生まれるとしたら、やるかやらないか、それだけです。
是非この戦略を実践して、理想の環境を手に入れてください。

© 2022 ハメ式