動画編集

モザイク処理を解説!Adobe Premiere Proでモザイクを入れる方法

ハメ撮りを自分で楽しむ分には問題ないですが、他の人に見せる場合や許可を取って公開する場合などは、モザイクを使うことになるかと思います。
この記事では、Adobe Premiere Proにおけるモザイクの基礎的な手法から高度な使い方までをひとつひとつ解説していきます。

(当記事のPremiere Proのバージョンは、執筆日の2021年3月7日時点での最新版であるバージョン14.9.0を使用しています。その他のバージョンでは細かな差異があるかもしれませんのでご了承ください。)

 

モザイクの追加方法

まずは一番簡単なシチュエーションである、カメラも静止しており被写体も動いていない状態の映像にモザイクを適応する方法を解説していきます。
任意のプロジェクトを開くか新規プロジェクトを作成してタイムラインに動画が1つ以上並んでいる状態にします。
次に、『エフェクト』のパネルの『ビデオエフェクト』の中の『スタイライズ』の中に『モザイク』というエフェクトがあるのでそれをタイムラインの動画クリップに直接ドラッグ&ドロップします。

そうすると画面全体にモザイクがかかった状態になります。

 

部分的にモザイクを調整するためにはモザイクをかけたタイムライン上のクリップをダブルクリックして、『エフェクトコントロール』のタブの『fx モザイク』の欄で細かなパラメーターの調整が可能です。

まずはモザイクの範囲を変更してみましょう。
『fx モザイク』のすぐ下に3つの丸と四角とペンのようなアイコンが並んでいる中から丸をクリックしてみます。
そうすると、モザイクが画面中央の部分に丸形に切り取られます。
周りに青い線がありますが、この線を『パス』と呼びこの形を変えることで好きな場所に好きな形でモザイクをかけることができます。

 

パスの概念や使い方はIllustratorやPhotoshopに詳しい方であれば馴染みがあると思いますが、現段階ではどの範囲にエフェクトをかけるかの境界線とご理解頂ければ十分かと思います。
モザイク自体の場所は、モザイクのかかっている部分をドラッグ&ドロップすることで上下左右に移動が可能です。
また、パスの四隅に小さい四角のアイコンが見えますが、これらをドラッグ&ドロップすることで丸のパスの形自体を変更することが出来ます。

 

モザイクのマスクの主要なパラメーターを解説していきます。
『マスクの境界のぼかし』の数字の部分を左右にドラッグするとモザイクの外側の境界線のぼかしをなめらかにすることが可能です。逆に0にすると境界線が完全に分かれた状態となります。
『マスクの不透明度』では、数値を100%より下に下げていくことでモザイクのかかる薄さを調節することが出来ます。

 

モザイクの代わりにブラーを使用する

Premiere Proのモザイクのエフェクトをもう少し柔らかくする表現方法として『ブラー』という別のエフェクトを使用する方法もあります。
モザイクの時と同様に、『エフェクト』のパネルの『ビデオエフェクト』の中の『ブラー&シャープ』の『ブラー(ガウス)』を任意のタイムライン上のクリップにドラッグ&ドロップします。

モザイクのエフェクトの時とは違い、ブラーをドラッグ&ドロップ下だけでは見た目は変わっていないと思いますが、『エフェクトコントロール』のタブの『fx ブラー(ガウス)』の中のブラーの値をあげていくことで画面全体がぼやけてきます。

範囲の選択もモザイクと同様、『fx ブラー(ガウス)』のすぐ下の3つの丸と四角とペンのようなアイコンが並んでいる中から好きな形を選択すればその形の中にブラーが適応されます。
パスの変更方法もモザイクと同様です。

 

複数のクリップにモザイクを追加する方法

こちらもカメラも被写体も動いておらず、モザイクの位置は固定の場合となりますが既にカット編集をした状態で一つ一つのクリップにモザイクやブラーを入れていくのは時間と手間がかかります。
そこで、『調整レイヤー』という方法を使って一度に複数のクリップにモザイクの効果を適応する手法を紹介します。

まずは、動画クリップなどを管理しているプロジェクトのエリアの空欄部分を右クリックして「新規項目」から「調整レイヤー」を選択します。

 

調整レイヤーがひとつ加わっているのでそのクリップをタイムライン上のモザイクをかけたいクリップの上のトラックに乗せます。
この調整レイヤーの主な役割と使い方は、調整レイヤーより下のトラックにあるクリップ全てに調整レイヤーに適応されているエフェクトが自動で付加されるという使い方によっては大変便利な機能です。

 

実際に調整レイヤーにモザイクかブラーのエフェクトをドラッグ&ドロップして、同じ要領で範囲をマスクパスで選択します。
あとはモザイクをかけたい範囲を調整レイヤーのクリップの長さを変えることでひとつひとつのクリップを操作することなくモザイクを一気にかけることが可能です。

モザイクだけではなく色補正などにも使用できますので調整レイヤーは積極的に使ってみることをおすすすめいたします。

 

モザイクを被写体に追従させる方法

ここからは応用編です。
カメラが動いていたり被写体が動いている場合は、モザイクを被写体にあわせて移動させなくてはいけません。
以前は1コマごとに処理していくような非常に手間と労力がかかる作業でしたが、ここ数年の技術の進歩である程度は簡単に処理ができるようになりました。

Premiere Proでは被写体を自動で追従してくれる機能が備わっておりますのでそちらを使用した追従方法を解説したいと思います。
まずは、モザイクを適応したクリップをダブルクリックして、『エフェクトコントロール』のタブの『fx モザイク』(ブラーの場合はブラー)の『マスク』以下の『マスクパス』の行に矢印のアイコンが4つと一番右側にレンチの用なアイコンがあることを確認してください。

 

まずは、レンチのアイコンをクリックして 「位置、スケール、回転」にチェックが入っているかを確認します。
その次に、左から3つめの順再生のアイコンをクリックすると追従処理が開始されます。

この処理には動画クリップの長さやファイルのフォーマット、マシンのスペック等で長くかかることもあります。
処理が完了したらタイムラインの動画を再生してモザイクがうまく被写体に追従しているかを確認します。

動画の内容によってはたまにモザイクの位置が外れてしまうことがありますので、手動で修正する方法を解説いたします。
タイムラインの再生バーを修正したい箇所に合わせた状態で、『エフェクトコントロール』のタブの『fx モザイク』の『マスク』の下の『マスクパス』をクリックして、選択ツール(キーボードショートカットはV)を選択してプレビュー画面上のモザイクのマスクパスを直接ドラッグして正しい場所に合わせます。

そこから先も外れ続けているようであれば、キーボードの左右の矢印キーで1コマずつ進んだり戻ったりが出来るので被写体から外れているモザイクのマスクパスをひとつひとつ修正していきます。
一見地道な作業に思えますが、ゼロの状態から1コマずつ位置を調整していくよりははるかに楽で速いと思います。

この自動追従の機能ですが、同じAdobeのAfter Effectsというソフトがより高機能な追従性能を持っていたりパラメーターの自由度が高かったりしますのでPremiere Proよりもやや難解なソフトではありますが、興味のある方は是非チャレンジしてみてください。

 

まとめ

この記事では、動画の中で隠したい部分にモザイクをかける方法を解説しましたが、同じ技術の応用で任意のイラストを好きな場所に配置したりそのイラストを追従させるようなことも可能ですので、同じ技術であっても様々な使い方があることを知っていただきご自身の動画の編集をより良くするために実践してみてください。



都合のいい女性を探すならロジカルに効率を考える

自分もハメ撮りをしてみたい、セフレを作りたい、美人な彼女が欲しい、そう考える人も多いと思います。
そんな方のために、ハメ式流の出会いのマーケティング戦略を以下の記事にまとめました。
誰でもすぐに使える戦略的な考え方を18,000文字以上の無料記事として公開しています。

【ハメ式流】たくさんの美女を落とすためのマーケティング戦略


上の記事を読むのが面倒だという方のために簡潔に結論を書きます。

最高に気持ちのいい体験ができる、都合のいい女性を何人か手元に抱えておくためには、まず「戦略」が重要です。
自分の好みに合うルックス・スタイル・性格で、なおかつ成果が出るまでの距離が短い女性を数多く獲得するという考え方です。
さらに、自分の望むことを好きなように実現させてくれて、下半身で最高の快感を味わいつつ心も満たされる、そんな体験のためには「効率」を大切にしましょう。

時間効率 × 金銭効率 × 継続率

時間効率:

まず、女の子を探す時間は短ければ短いほど良いです。無駄に交渉を重ねた結果、結局ハメ撮りできなかったとなると、貴重な時間だけが失われることになります。

金銭効率:

ハメ撮り可能な女性に支払う金額ももちろん、その女性を探すのにかかるお金はできるだけ抑えたいのが本音だと思います。トータルの金額で考えて、可能な限り安く済む方法を考える必要があります。

継続率:

1回限りの関係で終わるのも悪くありませんが、2回目3回目のハメ撮りができる女の子を見つけることができると、ハメ撮りの幅も広がります。なぜなら、相手が慣れてくることによって、プレイの幅が広がったり、融通が利くようになってくるからです。

筆者が成果を出せている方法

「戦略」と「効率」を上手く満たすことができるのは「出会い系サイト」です。
根拠は、先ほど紹介したこちらの記事に詳しく書いてあります。

筆者の場合は、PCMAXを利用してだいたい月に2人くらいの可愛い女性と美味しい体験ができています。
自分の場合は継続率を考えているので、ものすごい多い人数というわけではないですが、本気でとっかえひっかえすればもっと多くの成果を出すこともできると思います。

金額的には、大体一人あたり3,000円以内でセックスを実現しているので、風俗に15,000円払うことを考えたら、5分の1以下の金額で可愛い素人女性とセックスできているのでかなりお得ですよね。
 

PCMAXで美人な女性とやり取りするまでの手順

参考までにPCMAXで美人な女性とやり取りするまでの手順を記載しておきます。

PCMAXで女性とメッセージのやり取りをするためには大きく分けて2つの手順があります。
所要時間はおおよそ3~5分程度です。

1.登録
a.PCMAXの初回特典付き画面にアクセスして『無料ではじめる』ボタンから登録フォームに進みます。




  b.フォームに必要事項を入力したら『無料ではじめる』ボタンを押してください。




  c.案内に従い、表示されている電話番号に携帯電話から発信します。 音声ガイダンスから「電話番号の確認が完了しました」と返答がありましたら『次へ進む』をクリックします。




  d.『空メール』 『フリーメール』 『QRコード』のいずれかからメールを送信します。 送信が完了したら『次へ』をクリックします。




  e.プロフィールを入力します。 入力が完了したら『次へ進む』をクリックします。




  f.『年齢確認する』をクリックして年齢確認に進みます。




 
2.年齢確認
a.先程の画面でトップページに移動した場合は、トップページの年齢確認ボタンを押して年齢確認を行います。
※PCMAXは18歳以上しか利用できません。18歳未満の方は諦めましょう。




  b.年齢確認には証明書の提出とクレジットカード登録の2種類があります。
クレジットカードがある場合には、すぐに認証できるのでクレジットカードの登録がおすすめです。
初回の決済金額はどれでも良いですが、特典ポイントと初回投資金額のバランスを考慮して、3,000円を勧めておきます。




  c.証明書の提出で年齢確認した場合には5分後くらいに認証されます。
初回限定のポイントキャンペーンがかなりお得なので、2日以内にポイントを購入しておきましょう。



※登録後は初回ポイントを確実にもらうために、まずは年齢認証を行いましょう。

PCMAXの初回特典付きページ

 

理想の環境を作り上げる

自分の望むことを好きなように実現させてくれて、下半身で最高の快感を味わいつつ心も満たされる、そんな体験をしたいなら、一番大事なのは時間を大切にすることです。
先程も説明しましたが、今出会える女性が明日も出会えるとは限らないからです。

理想の環境を作りあげることができれば、心に余裕ができます。
それによって自信がつくと仕事もプライベートも上手くいくようになり、プラスのサイクルが回り始めるようになります。
この記事を読んだ方は自分の理想の環境を手に入れるためにアクションを起こしてみてください。
  • この記事を書いた人

酒井としあき

ハメ式編集部 編集長 ハメ撮り歴12年。ハメ撮りは観るのも撮るのも大好き。カメラや動画編集にも凝っています。

-動画編集
-,

© 2022 ハメ式