販売する

趣味でハメ撮りをしている人も多いと思いますが、自分で楽しむだけではなく、他の人にハメ撮り作品を販売することも可能です。今はフリーマーケット形式のサービスでアダルト動画を販売できるようになっています。もちろん、気軽に販売することができる一方で注意すべきこともあります。女性の許可を得ることはもちろんですし、プライバシーへの配慮も必要となります。また、販売する作品は自分が楽しむだけの作品とは違い、見てもらうユーザーのことを考える必要があります。プレイの内容もユーザーを意識した作りにする必要がありますし、販売作品として仕上げるために動画編集の技術等も必要になってきます。

ここでは、ハメ撮り作品を販売する方法や販売できるサイト、そして注意点について説明します。

 

1.ハメ撮りを販売する方法

個人がハメ撮り作品を販売しようと考えたら、一番現実的なのはフリーマーケット形式のサイトで販売することでしょう。フリーマーケット形式のサイトについてはこちらで説明しています。

もちろん独自に販売することも可能ではありますが、ハードルがいくつか存在します。

何よりもフリーマーケット形式のサイトは既に登録ユーザー数を多く抱えていること、つまり集客コストを自分で負担しなくてもよいのが何よりの利点です。その代わり販売手数料がプラットフォーム側に差し引かれる形となります。集客コストと販売手数料のトレードとも考えられますが、販売手数料が差し引かれるのはあくまで作品が売れた時です。買ってもらえるかどうかわからないユーザーを集客するために集客コストをかけるくらいであれば、成果報酬形式でプラットフォームに手数料を払う方が初心者には理にかなっていると言えます。余程売れてきて知名度が上がった場合には、そこで初めて独自販売を考えてもよいでしょう。

なお、例えば作品をDVDに焼いて売ったり、他のプラットフォームを使う方法もありますが、あまり有効ではないと思われるため、ここでは記載を省きます。

フリーマーケットサイト

 

独自販売

 

利益構造

 

2.ハメ撮りを販売するためのテクニック

いざハメ撮り作品を販売してみたけれども、思ったより売れないというケースもあるかもしれません。

どんなに良い作品を作ったとしても、商品説明が弱ければ誰にも手に取ってもらえません。逆に、どんなに商品説明を凝って書いたとしても、商品力自体が弱ければ評価は下がり、売上は伸びません。つまり、商品の質とマーケティングは全くの別物であり、どちらも必要なものなのです。

ハメ撮り作品は撮ることに精一杯になりがちですが、売るためには撮った後の工程がかなり大事になってきます。まずは興味を持ってもらい、サンプル動画を再生してもらう、そして試しに買ってみるかと思わせることを重視した方がよいでしょう。

ここではハメ撮りの人気作品から見えてきた、作品を上手く売るコツについて説明します。

作品内容

 

商品情報の設定

 

マーケティング

 

3.ハメ撮りを販売する時の注意点

誰でもハメ撮り作品を販売できる時代ですが、何も気にせずに販売すると思わぬ落とし穴が待ち受けているかもしれません。何事にもルールが存在します。そのルールを守らずにハメ撮りを販売したとして、痛い目を見るのは自分自身です。もしハメ撮り作品の販売を考えているのであれば、しっかりとルールを守った上で行いましょう。

ここでは、ハメ撮り作品を販売するときに気をつけておかなければならないポイントについて説明します。

 

ハメ撮りの販売に関する記事一覧

© 2022 ハメ式