撮影機材

初めてのハメ撮りにスマートフォンをおすすめする理由とハメ撮りにおすすめのスマートフォン機種【2021年】

「手軽にハメ撮りしたいけど、できるだけ綺麗な動画を撮影したい」
「ハメ撮りに向いているスマートフォンはどうやって選び分ければ良い?」

ハメ撮りに興味が出てきた方は、このように悩むケースも多いのではないでしょうか。手軽にハメ撮りをするならスマートフォンがおすすめですが、スマートフォンには動画撮影に向く機種と向かない機種があり、手軽さの反面、満足のいく動画を撮影するのは簡単ではありません。

そこで今回は、ハメ撮りを目的として使うスマートフォンの最低限のスペックやおすすめの機種を紹介します。この記事を読むだけで、ハメ撮り用途に合わせた最適なスマートフォンが見つかるはずです。

 

スマートフォンでハメ撮りをするメリット

スマートフォンの性能や機能が格段に向上するなか、いまや動画撮影の主役はビデオカメラからスマートフォンへと移行しつつあります。普段から使っているスマートフォンをハメ撮りにも利用できれば、わざわざビデオカメラを持ち運ぶ必要がなく便利です。

ただし、ハメ撮りにスマートフォンを利用することは、メリットとデメリットの両面が存在します。ここでは、まずスマートフォンでハメ撮りをするメリットをお伝えしていきましょう。

 

持ち運びやすい

スマートフォンでハメ撮りをするメリットは、何といっても持ち運びに適していることです。最近では特に小型で軽量なスマートフォンが増えているため、楽に持ち運びが可能です。ハメ撮りの前に予定が入っていたとしても、持ち物を気にする必要がありません。また、スマートフォンは普段から持っているものなので、急遽ハメ撮りのチャンスが訪れたとしても、手持ちのスマートフォンですぐに撮影することができます。

さらに、スマートフォンで撮影した動画データはすぐにPCに移す必要も特にありません。スマートフォン自体が再生機器としての性能を備えているため、本体に保存しておけば手軽にハメ撮り映像を楽しむことができます。もちろんスマートフォンのセキュリティ設定はしっかりと行っておく必要はありますが、データ管理が簡単にできることもメリットの一つといえるでしょう。

万が一スマートフォンのデータ容量が一杯になった場合は、PCに動画データを移動させるか、オンラインストレージや外付けHDDなどを使うことで空き容量を増やすことができます。ただし、ハメ撮り映像は非常に秘匿性の高いデータです。強固なパスワードを設定しておくことはもちろん、2段階認証も設定しておくようにしましょう。過去にはオンラインストレージを原因とした流出事件も存在しています。個人の意識の低さが事故を生み、多くの人を不幸にする可能性もあります。セキュリティに関する意識はしっかりと持っておきましょう。

 

ハメ撮りのコストが安く済む

かつては、ハメ撮りのためにデジカメやビデオカメラを調達する必要がありました。しかし、高性能な機種だと数万円以上するものもあり、ハメ撮り以外で動画撮影ををする機会がない方にとっては、「もったいない」と感じるケースも多かったのではないでしょうか。また、ハメ撮りをするのにそんなにコストをかけられないという方もいるのではないかと思います。

一方でスマートフォンの場合は普段から使っているデバイスを動画撮影に使用するため、ビデオカメラなどを買う余計なコストを省くことができます。ハメ撮り以外であまり撮影をしない方にとっても、普段はスマートフォンとして使えるのでムダがありません。

 

画質の良いスマートフォンが増えている

動画撮影の主役がスマートフォンへと移り変わっている理由は、スマートフォンそのものの品質が向上したからです。

これまでのスマートフォンはカメラ機能はついているものの、動画撮影の品質には期待できないものが少なくありませんでした。しかし、Appleを筆頭にGoogleやHUAWEIなどさまざまなメーカーが参入したことで、動画撮影の品質が格段に向上しています。

また、個人でブログや動画を発信することが主流になったことも動画撮影機能が向上した理由の一つでしょう。いまでは動画配信サイトなどで誰でも手軽に情報を発信できるため、撮影性能の高いスマートフォンが求められています。配信用の動画を撮影する場合でも、スマートフォンを活用するケースは珍しくありません。

 

女性の抵抗感が少ない

先程も述べた通り、個人で動画の配信を行う人は昔に比べて格段に増えました。また、撮影した写真をInstagramやTwitter等のSNSでアップロードすることも頻繁に行われるようになっています。そういったシーンで撮影に使用されるのは、主にスマートフォンです。つまり、スマートフォンは既に人々の暮らしに当たり前のものとして根付いていると言えます。

ハメ撮りをする上で1つの難しいポイントは、女性の許可を得ることです。ハメ撮りに慣れている女性でない限りは、少しずつ撮影に慣れてもらう必要があります。そんな時にいきなり本格的なカメラを持ち出されるよりは、スマートフォン1台の方が女性の心理的負担が軽いのは言うまでもないでしょう。スマートフォンは普段の生活で慣れ親しんでいるため、撮影される側の抵抗感が少ないこともメリットです。また、スマートフォンなら撮った映像をその場で一緒に見返すこともできます。自分がどのように映っているか気になる女性もいるでしょうから、そんな時にもスマートフォンはおすすめと言えます。

 

スマートフォンでハメ撮りをするデメリット

ここまでスマートフォンでハメ撮りをするメリットをお伝えしてきました。一方で、ハメ撮りにスマートフォンを使った場合のデメリットがあることも事実です。

メリットに加えてデメリットまで理解しておくと、ハメ撮りに適切な撮影機材を選択しやすくなります。なぜなら、撮影機材それぞれの一長一短は、撮影シーンの相性と密接に関係しているからです。

ここでは、スマートフォンでハメ撮りをするデメリットをお伝えしていきます。

 

画質が劣る

スマートフォンの性能が徐々に向上しているとはいえ、やはり専門的なビデオカメラに比べると画質は劣ります。最近では一眼レフやミラーレス式のデジカメでも動画を撮影できるようになり、モデルによっては4K動画に対応している場合も少なくありません。もちろんスマートフォンでも4Kで撮影することができるモデルもありますが、同じ4Kでも専門的なビデオカメラと比較すると映像の鮮明さやノイズの量に差が出てきます。その大きな差は、主にセンサーサイズの違いにあります。スマートフォンは一眼レフやミラーレスカメラと違って小さいため、センサーサイズもやはり小さくなっています。センサーサイズは大きいほど精細な映像を撮ることができます。光量が少ない環境でノイズが入りにくいのも特徴です。つまり、仕組み上どうしても大型のカメラの方が画質が良いのです。

また、動画撮影専用の機材に比べるとどうしても機能も見劣りしてしまいます。最近はスマートフォンのカメラ機能も充実してきてはいますが、それでも一眼レフやビデオカメラの方が機能数が多いのが事実です。高画質な映像で撮影したい場合は、専用の撮影機材を取り揃えることをおすすめします。

 

手振れ補正がないものが多い

動画撮影に対応しているスマートフォンのなかでも、手振れ補正のない機種はたくさんあります。いくら画質や性能が高いスマートフォンでも、手振れ補正が備わっていない機種は映像がブレて見るに耐えない品質になってしまいます。特にハメ撮りの手持ちカメラとして利用する場合は、自分が動くケースも発生するため、手振れ補正の機能が大事になってきます。

スマートフォンで手持ち撮影する際の手振れ軽減の方法として、専用の固定機材を検討する方法もあります。手振れを補正してくれるジンバルやスタビライザーを使うと、手振れがほとんど無い映像を撮ることが可能です。ただし、そういった機材は準備にある程度の時間を要します。突発的な撮影では使用が難しいこともありますので、ケースによって使い分けるのがベストです。

 

ハメ撮り用のスマートフォンを選ぶときに注目すべきスペック

ハメ撮りでスマートフォンを使うメリットとデメリットを把握した後は、実際に機種を選んでいきましょう。ただ、スマートフォンには数多くの機種があるため、どのような基準で選んで良いかわからないということも多いかと思います。

そこで、ハメ撮り用のスマートフォンを選ぶ際の基準となるスペックを紹介します。

 

画素数の高さ

まずは画素数の高さに着目してください。すでにご存知の方も多いかと思いますが、画素数が高いほど被写体を鮮明に写すことができます。これは静止画であっても動画であっても変わりません。

求めるクオリティにもよりますが、少なくとも1,000万画素以上の機種を選びたいところです。動画は静止画と違って常に被写体が動いているため、求められる画素数も多くなります。

 

手振れ補正の有無

次に重視する要素は、手振れ補正機能があるかどうかです。スマートフォンを手で持って撮影しようとするとどうしても左右上下にブレが発生しますが、その逆方向へ自動的に補正を入れてくれるのが手振れ補正機能です。

手振れ補正には、光学タイプとデジタルタイプの2種類があります。より鮮明で美しい動画を撮影したい場合、光学タイプのものを選ぶとよいでしょう。デジタルに比べて光学タイプのほうが、より滑らかにブレを補正してくれるからです。

 

動画撮影におすすめのスマートフォン機種

動画撮影に必要なスマートフォンのスペックを踏まえたうえで、ここではおすすめの機種を紹介していきます。必ずしも最新の機種が良いというわけではなく、あくまで動画撮影に特化した機種を探すことがポイントです。

HUAWEI P40 Pro

HUAWEI社製のスマートフォンは、とにかく高画質なカメラ性能が有名です。

このHUAWEI P40 Proも同様で、外側に付いたメインカメラの画素数はなんと5,000万画素と驚異的。5,000万画素といえば、一般的なスマートフォンカメラの約5倍もの性能を誇ります。さらに4,000万画素の超広角シネマカメラや1,200万画素の望遠カメラも内蔵されています。

また、内部には独自のAI機能が搭載されている点が特徴です。手振れ補正と同様に映像のブレを自動的に修正してくれるほか、より精細な動画を撮影するためにピント調節などのサポートまでしてくれます。

 

iPhone 12 Pro

動画撮影機能に特化したスマートフォンが続々と発売されるなか、かつてはそれほど性能が高くないとされていたApple社製のスマートフォン。しかし、iPhone 12 Proが登場したおかげで、「動画撮影に弱いスマホ」というイメージを完全に払しょくしました。

iPhone 12 Proに搭載されている機能は、デュアル光学式手ぶれ補正です。固定機材がなくても手ぶれがほとんど気にならず、安心して動画撮影に臨めます。

また、iPhone 12 Proは、Dolby Vision HDRビデオ撮影に対応。従来よりもトーンや色調を細かく調整し、豊かな色調を表現できるため、まるで映画のような動画を撮影することができます。

 

Google Pixel 5

Google社製のスマートフォンも高いカメラ性能を持ちます。背面のメインカメラはデュアル式で、それぞれ1,600万画素と1,220万画素の性能です。広角や望遠など幅広い角度にカメラを調節できるため、幅広い動画撮影のシーンに対応できるでしょう。

Google Pixel 5は特にAI性能に優れています。たとえば、特定の人物を登録しておくと、その人物を撮影する際に笑顔を自動認識したり、瞬きしていないシーンを狙って撮影を行ってくれます。

また、Googleは音声操作にも力を入れており、動画再生や発着信など必要な操作のほとんどを音声だけで行える点も特徴です。動画撮影機能だけではなく、普段のスマートフォンとしても使いやすい点が人気を集めています。

 

Samsung Galaxy S10+

Samsung Galaxy S10+は、5つのカメラを搭載している幅広い撮影シーンに対応できるスマートフォンです。

背面のカメラは3つで、1,600万画素の超広角カメラ、1,200万画素の広角カメラ、同じく1,200万画素の望遠カメラが配置されています。ディスプレイ側には自撮り用と深度カメラの2つが搭載され、これ一台でシーンに応じて撮影方法を切り替えることが可能です。

また、Samsung Galaxy S10+は機能も優れています。撮影場所の明るさに合わせてカメラの絞りを変えるデュアルアパチャー機能、30種類の撮影シーンのなかからAIが自動的に美しい映像を撮影してくれるオート撮影機能などが特徴です。

 

SONY Xperia 5 Ⅱ

AppleやGoogleに負けじとSONYも動画撮影機能の優れたスマートフォンを発売しています。

背面のメインカメラは3つあり、それぞれ1,200万画素の超広角・広角・望遠レンズに対応。さらに光学式手振れ補正にも対応しているなど、動画撮影を行いやすい優れたスペックといえるでしょう。

また、Xperia 5 Ⅱは独自のスローモーション撮影が強みです。映画のような質感で撮影できる「Cinematography Pro」モードを使うことで、毎秒120コマの4K HDR(ハイ・ダイナミックレンジ)映像を撮ることもできます。

 

スマートフォンで綺麗な動画を撮影するための簡単なコツ

最後に、スマートフォンで綺麗な動画を撮影するための簡単なコツをお伝えします。スマートフォンに限らず通常のビデオカメラでも応用できる方法なので、知っておくとあらゆる撮影シーンで役立ちます。

 

あらかじめ撮影方向を決めておく

スマートフォンで動画を撮影する場合、縦撮りと横撮りで迷うことも多いでしょう。この撮影方向は意外と重要で、主に動画を閲覧する時の環境撮影によって最適解が異なります。

たとえば、撮影した映像をそのままスマートフォンに保存しておいて、観る時もスマートフォンで観るのであれば、縦撮りが最適です。一方で撮影データをPCに移して観るのであれば、横撮りが適しています。

上記のように、閲覧する時のシーンによって撮影方向を決めておくことは重要なことが分かるかと思います。撮影中は方向が縦横逆になってしまうこともあるので、方向を固定しておくことが大切です。

 

ホワイトバランスの調整

スマートフォンでハメ撮りする場合は、手軽に撮影したいというケースが多いでしょう。そんな時にもすぐに設定できて、映像の出来を左右するのがホワイトバランスです。手軽に撮影する場合でも、必ずホワイトバランスを調整しておきましょう。どんなに可愛い女性を撮影しても、映像が妙にオレンジがかっていたり、反対に青白く映っていたりすると、せっかくのハメ撮り映像がもったいないことになってしまいます。カメラは人間の目のように自動的に色温度を判別できるわけではないため、ホワイトバランスを調節して現物通りの色味やトーンにする必要があります。

特に、ホテル等の暖かみのある照明が多い場所では映像がオレンジがかって見えるため、設定が必須です。被写体に当たる光の種類に合わせて、設定しておきましょう。

 

解像度はストレージ容量と相談して決める

外部ストレージで保存できるデータ容量を増やせるスマートフォンですが、動画はデータサイズが大きいため、内部のストレージだけでは容量が不足してしまうことも考えられます。

特に4K(3840×2160ドット)以上で動画を撮影する場合は注意してください。データサイズが非常に大きく、少し撮影しただけでストレージが満杯になることも珍しくありません。

求めるクオリティにもよりますが、フルHD(1920×1080ドット)でも十分に綺麗な動画を撮影できることもあります。スマートフォンにアプリや動画を多く入れていると容量を圧迫するため、データサイズとストレージ容量のバランスをとりつつ解像度を設定することが大切です。

 

まとめ

スマートフォンの動画撮影の機能が向上したおかげで、いまではスマートフォン一台で簡単に動画を撮れるようになりました。特に、持ち運びが容易な点や、ビデオカメラを買う必要がないメリットがあるため、初めてハメ撮りに挑戦する場合はスマートフォンが最適と言えるでしょう。

ただし、スマートフォンならどれでも綺麗な動画が撮影できるわけではない点には注意してください。高精細な動画を撮るには最低限のスペックが必要で、今回紹介した機種にはそれが備わっています。

画質や予算を考えて、自分にピッタリのスマートフォンを選んでみてください。



都合のいい女性を探すならロジカルに効率を考える

自分もハメ撮りをしてみたい、セフレを作りたい、美人な彼女が欲しい、そう考える人も多いと思います。
そんな方のために、ハメ式流の出会いのマーケティング戦略を以下の記事にまとめました。
誰でもすぐに使える戦略的な考え方を18,000文字以上の無料記事として公開しています。

【ハメ式流】たくさんの美女を落とすためのマーケティング戦略


上の記事を読むのが面倒だという方のために簡潔に結論を書きます。

最高に気持ちのいい体験ができる、都合のいい女性を何人か手元に抱えておくためには、まず「戦略」が重要です。
自分の好みに合うルックス・スタイル・性格で、なおかつ成果が出るまでの距離が短い女性を数多く獲得するという考え方です。
さらに、自分の望むことを好きなように実現させてくれて、下半身で最高の快感を味わいつつ心も満たされる、そんな体験のためには「効率」を大切にしましょう。

時間効率 × 金銭効率 × 継続率

時間効率:

まず、女の子を探す時間は短ければ短いほど良いです。無駄に交渉を重ねた結果、結局ハメ撮りできなかったとなると、貴重な時間だけが失われることになります。

金銭効率:

ハメ撮り可能な女性に支払う金額ももちろん、その女性を探すのにかかるお金はできるだけ抑えたいのが本音だと思います。トータルの金額で考えて、可能な限り安く済む方法を考える必要があります。

継続率:

1回限りの関係で終わるのも悪くありませんが、2回目3回目のハメ撮りができる女の子を見つけることができると、ハメ撮りの幅も広がります。なぜなら、相手が慣れてくることによって、プレイの幅が広がったり、融通が利くようになってくるからです。

筆者が成果を出せている方法

「戦略」と「効率」を上手く満たすことができるのは「出会い系サイト」です。
根拠は、先ほど紹介したこちらの記事に詳しく書いてあります。

筆者の場合は、PCMAXを利用してだいたい月に2人くらいの可愛い女性と美味しい体験ができています。
自分の場合は継続率を考えているので、ものすごい多い人数というわけではないですが、本気でとっかえひっかえすればもっと多くの成果を出すこともできると思います。

金額的には、大体一人あたり3,000円以内でセックスを実現しているので、風俗に15,000円払うことを考えたら、5分の1以下の金額で可愛い素人女性とセックスできているのでかなりお得ですよね。
 

PCMAXで美人な女性とやり取りするまでの手順

参考までにPCMAXで美人な女性とやり取りするまでの手順を記載しておきます。

PCMAXで女性とメッセージのやり取りをするためには大きく分けて2つの手順があります。
所要時間はおおよそ3~5分程度です。

1.登録
a.PCMAXの初回特典付き画面にアクセスして『無料ではじめる』ボタンから登録フォームに進みます。




  b.フォームに必要事項を入力したら『無料ではじめる』ボタンを押してください。




  c.案内に従い、表示されている電話番号に携帯電話から発信します。 音声ガイダンスから「電話番号の確認が完了しました」と返答がありましたら『次へ進む』をクリックします。




  d.『空メール』 『フリーメール』 『QRコード』のいずれかからメールを送信します。 送信が完了したら『次へ』をクリックします。




  e.プロフィールを入力します。 入力が完了したら『次へ進む』をクリックします。




  f.『年齢確認する』をクリックして年齢確認に進みます。




 
2.年齢確認
a.先程の画面でトップページに移動した場合は、トップページの年齢確認ボタンを押して年齢確認を行います。
※PCMAXは18歳以上しか利用できません。18歳未満の方は諦めましょう。




  b.年齢確認には証明書の提出とクレジットカード登録の2種類があります。
クレジットカードがある場合には、すぐに認証できるのでクレジットカードの登録がおすすめです。
初回の決済金額はどれでも良いですが、特典ポイントと初回投資金額のバランスを考慮して、3,000円を勧めておきます。




  c.証明書の提出で年齢確認した場合には5分後くらいに認証されます。
初回限定のポイントキャンペーンがかなりお得なので、2日以内にポイントを購入しておきましょう。



※登録後は初回ポイントを確実にもらうために、まずは年齢認証を行いましょう。

PCMAXの初回特典付きページ

 

理想の環境を作り上げる

自分の望むことを好きなように実現させてくれて、下半身で最高の快感を味わいつつ心も満たされる、そんな体験をしたいなら、一番大事なのは時間を大切にすることです。
先程も説明しましたが、今出会える女性が明日も出会えるとは限らないからです。

理想の環境を作りあげることができれば、心に余裕ができます。
それによって自信がつくと仕事もプライベートも上手くいくようになり、プラスのサイクルが回り始めるようになります。
この記事を読んだ方は自分の理想の環境を手に入れるためにアクションを起こしてみてください。
  • この記事を書いた人

酒井としあき

ハメ式編集部 編集長 ハメ撮り歴12年。ハメ撮りは観るのも撮るのも大好き。カメラや動画編集にも凝っています。

-撮影機材
-

© 2022 ハメ式